聖書を読む会とは


聖書を読む会は

手引を使い、スモールグループで語り合いながら

楽しく、生きいきと聖書を読むことをおすすめしています。 

 

 教会とそこに連なる一人ひとりがみことばによって成長していくことと、

神を信じる人が起こされることを願っています。

 

聖書を読む会は、聖書を学ぶグループを主催してはいませんが、

ご要望があれば、教会へ行って働きの紹介やグループ聖研のセミナーをさせていただきます。

ご連絡ください。                                                            


✳「聖書を読む会」の歩み

   

「さあ始めよう」と言って始めたのではなく、「気がついたら歩き始めていた」というのが、聖書を読む会の始まりです。だれでも始められ、参加しやすい聖書の学び合いの方法を祈り求めていた1970年頃、アメリカの団体Neighborhood Bible Studies (現:QPlace)の質問と討論形式の、小グループによる聖書研究の方法に出会いました。

 

10人ほどのメンバーでスタートしたこの働きは徐々に広がって、手引の翻訳、出版、頒布をするようになりました。1980年に「聖書を読む会」を組織し、それ以来、 今日まで、神と、諸教会と、主にある兄姉に支えられて働きが続いています。現在では、日本国内はもとより、世界各地の日本語を使う方々の間で手引が用いられ、聖書を読むグループが起こされています。「聖書を読む会」の願いは、手引を用いて聖書を読む一人ひとりが、みことばから学んだ神のみ旨を生活の中心に据えて歩む者とされることです。

 

✳ 聖書を読む会の学び

 

聖書を読む会の学びは、質問集である手引を使って、語り合いながら聖書を学んでいきます。小グループで質問に答え、聖書が何を言っているのかを自分自身で発見していく学びです。手引に従って聖書を読んでいくので、いつでも、どこでも、だれとでも学べます。

 

*聖書を読む会の手引の特徴

 

手引には3つの種類の質問があります。

  1. その聖書個所に何が書かれているか [観察]
  2. そのことは何を意味しているか        [解釈]
  3. その聖書個所の教えをあなたの生活にどのように生かすのか [適用]

 

聖書を学ぶ目的は、ただ聖書の教えを知るだけでなく、それを生活の中に適用することです。自分の考え方や行動、人間関係、人生の方向性を変えていくように聖書を学んでいくことをお勧めします。

 


2010年4月1日発行 第100号より

ダウンロード
聖書を読む会の始まり
聖書を読む会 主事 高橋陽子
No.100_始まり.pdf
PDFファイル 162.3 KB

✳「聖書を読む会」の運営


「聖書を読む会」は、諸教会、信仰の兄姉のお祈りと献金によるご支援によって支えられています。 聖書を読む会の働きの継続と推進のために、維持会員となってくださる方を募集しています。

 

  維持会員について


*聖書を読む会は、エホバの証人(ものみの塔)、統一教会(原理運動)、モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)、摂理とは一切関係ありません。